平将門 ゆかりの郷  − 茨城県坂東市の観光案内 − ホーム サイトマップ

坂東市観光協会

ホームお知らせ観光情報写真・映像カレンダー交通ガイドお問合せ窓口

 今後の予定
  12月23日
ばんどうホコテン(冬季)
  1月27日
ばんどうホコテン(冬季)
  2月24日
ばんどうホコテン(冬季)
  3月24日
ばんどうホコテン(冬季)
  4月28日
ばんどうホコテン(冬季)
他 180 件

 岩井将門まつり

お知らせ
観光情報
写真館

 さくらまつり

お知らせ

 岩井の夏まつり

お知らせ
観光情報
写真館

 さしまの夏まつり

お知らせ
観光情報
写真館

 ふる里さしま古城まつり

お知らせ
観光情報
写真館

 ばんどうホコテン

お知らせ
観光情報
写真館

 詰め将棋モニュメント
お知らせ
詳細内容
※ルール・解答用紙などもダウンロードできます。

 特集
ふるさとガイドの会
写真コンクール

 リンク


坂東市役所 坂東市役所


ベルフォーレ 坂東市総合文化ホール


さしま郷土館ミューズ さしま郷土館ミューズ


茨城県自然博物館 茨城県自然博物館


坂東市体育協会 坂東市体育協会


がんばん堂本舗 がんばん堂本舗


 アクセスカウンタ
今日 : 113113113
昨日 : 146146146
今週 : 379379379
今月 : 1522152215221522
総計 : 511856511856511856511856511856511856
平均 : 179179179

観光情報
トップ  >  将門公と史跡  >  資料に見る平将門  >  伝記物語と将門  >  4.「将門一代記」


4.「将門一代記」


将門より貞盛の妻へ贈歌の場面

作品名:「将門一代記 」 著者:仮名垣魯文(※1)  画工:一盛斎芳直(※2)

文明開化期の風俗を描く際物的な滑稽本の代表作家であった魯文(ろぶん)の26歳のときの作品。魯文が本書を執筆するについて参考としたのは、曲亭馬琴(きょくていばきん)の『昔語質屋庫(むかしがたりしちやのくら)』と『将門純友東西軍記』、『前太平記』などと思われる。
承平・天慶の乱を発端から叛逆へ、貞盛・秀郷軍との合戦と戦死、後日譚までを俗説を踏まえながら西海の純友の動きと連動させた構成によって、将門をより魅力的に描いた伝記物語としている。また、口絵の形で主要な登場人物の姿絵を掲げているが、なかでも趣向を凝らしたと思われる将門と貞盛の妻との贈返歌の趣きには、魯文らしい情念の粧いが感じられる。
※1 本名、野崎文蔵(1829〜1894)。別号に鈍亭、野狐庵、猫々道人など。江戸京橋生まれ。代表作に滑稽本『滑稽富士詣』『西洋道中膝栗毛』『安愚楽鍋(あぐらなべ)』(明治4〜5年刊)
※2 歌川派国芳系の浮世絵師

前
3.「武勇魁殿図会」
カテゴリートップ
伝記物語と将門
次
5.「武勇魁図会」(ぶゆうさきがけずえ)


坂東市観光協会