平将門 ゆかりの郷  − 茨城県坂東市の観光案内 − ホーム サイトマップ

坂東市観光協会

ホームお知らせ観光情報写真・映像カレンダー交通ガイドお問合せ窓口

 今後の予定
  8月26日
ばんどうホコテン(夏季)
  9月23日
ばんどうホコテン(夏季)
  10月28日
ばんどうホコテン(夏季)
  12月23日
ばんどうホコテン(冬季)
  1月27日
ばんどうホコテン(冬季)
他 183 件

 ふる里さしま古城まつり

お知らせ
観光情報
写真館

 岩井将門まつり

お知らせ
観光情報
写真館

 さくらまつり

お知らせ

 岩井の夏まつり

お知らせ
観光情報
写真館

 さしまの夏まつり

お知らせ
観光情報
写真館

 ばんどうホコテン

お知らせ
観光情報
写真館

 詰め将棋モニュメント
お知らせ
詳細内容
※ルール・解答用紙などもダウンロードできます。

 特集
ふるさとガイドの会
写真コンクール

 リンク


坂東市役所 坂東市役所


ベルフォーレ 坂東市総合文化ホール


さしま郷土館ミューズ さしま郷土館ミューズ


茨城県自然博物館 茨城県自然博物館


坂東市体育協会 坂東市体育協会


がんばん堂本舗 がんばん堂本舗


 アクセスカウンタ
今日 : 7
昨日 : 178178178
今週 : 7
今月 : 3922392239223922
総計 : 489158489158489158489158489158489158
平均 : 178178178

観光情報
トップ  >  将門公と史跡  >  資料に見る平将門  >  絵巻物と将門  >  4.「相馬之馬追祭図」(4)〜原の野馬追の景〜


4.「相馬之馬追祭図」(4)〜原の野馬追の景〜



作品名:『相馬之馬追祭図』ぁ 糎兇量酣歪匹侶福繊 
絵師:多田満寿(経歴不詳)

当絵巻物の巻首に記してある「野馬追之記」によると,相馬野馬追祭は,前日のお行列と宵乗(よいのり),当日の野馬追,翌日の野馬掛からなる行事である。
掲画は,野馬追原で繰り展げられた野馬追のようすを,巧みな遠近法を駆使して描いた場面である。
上段の画をみると,野馬追原をゆく鉄砲組の隊列とその向側の「夜の森丘」での見物人衆の姿を描き,その先方に野馬追の情景を描いている。
『野馬追之記』によると,行列が到着すると,備(そなえ=部隊)を組み,駆引を行い,鉄砲組が空砲を打つのを合図に野馬追が開始されたとあるが,掲画では,この陣立の部分を省筆している。
野馬追の景をみると,野原に放した野馬を追う騎馬武者の疾走する勇姿,落馬した武者のユーモラスな表情,追い詰められる馬たちの多彩な姿態の描写は躍動感に溢れていて見事である。
掲画は,この光景までで終わっているが,当日の野馬追はまだ続く。馬たちを原の東に位置する巣掛場(すかけば)木戸の前に追い込むと木戸を開き,原の外に追い出して小高に向けて馬を南下させるのである。途中,馬たちは海岸に出て海に入り,身を清めると小高の妙見社まで走る。妙見社の前庭の矢来(やらい)で囲んだ柵の中に馬を追い込むと,当日の行事は終了する。
翌日の野馬掛とは,潔斎(けっさい)したお小人たちが矢来の中の馬で,神の意志に叶う馬を捉えて奉納する神事のことである。
最初に,その年生まれの馬を捕まえて別にし,つづいて若馬を1頭捕まえて首先に幣(へい)をつけて庭に放す。そのつぎに3頭捕まえて繋(つな)ぎ留めおき,つぎに2歳頃の馬7頭を捕まえて焼印を押してから放す。最後の3頭のうち1頭にだけ鞍(くら)を置き,他の2頭はそのまま「馬取」が庭なかを乗りまわして行事は終わる。
矢来の木戸を開けると,馬たちは,小高の妙見社から野馬追原まで帰ってゆくという。
岩井市所蔵の『相馬之馬追祭図』の全容を紹介した。当絵巻物は『野馬追之記』を参照しながらも,「行列」と「野馬追」の部分を中心に描いたことがわかる。18世紀中頃の作として貴重な史料である。


前
3.「相馬之馬追祭図」(3)〜野馬追原と休息所〜
カテゴリートップ
絵巻物と将門


坂東市観光協会