平将門 ゆかりの郷  − 茨城県坂東市の観光案内 − ホーム サイトマップ

坂東市観光協会

ホームお知らせ観光情報写真・映像カレンダー交通ガイドお問合せ窓口

 今後の予定
  8月26日
ばんどうホコテン(夏季)
  9月23日
ばんどうホコテン(夏季)
  10月28日
ばんどうホコテン(夏季)
  12月23日
ばんどうホコテン(冬季)
  1月27日
ばんどうホコテン(冬季)
他 183 件

 ふる里さしま古城まつり

お知らせ
観光情報
写真館

 岩井将門まつり

お知らせ
観光情報
写真館

 さくらまつり

お知らせ

 岩井の夏まつり

お知らせ
観光情報
写真館

 さしまの夏まつり

お知らせ
観光情報
写真館

 ばんどうホコテン

お知らせ
観光情報
写真館

 詰め将棋モニュメント
お知らせ
詳細内容
※ルール・解答用紙などもダウンロードできます。

 特集
ふるさとガイドの会
写真コンクール

 リンク


坂東市役所 坂東市役所


ベルフォーレ 坂東市総合文化ホール


さしま郷土館ミューズ さしま郷土館ミューズ


茨城県自然博物館 茨城県自然博物館


坂東市体育協会 坂東市体育協会


がんばん堂本舗 がんばん堂本舗


 アクセスカウンタ
今日 : 7
昨日 : 178178178
今週 : 7
今月 : 3922392239223922
総計 : 489158489158489158489158489158489158
平均 : 178178178

観光情報
トップ  >  将門公と史跡  >  資料に見る平将門  >  絵巻物と将門  >  3.「相馬之馬追祭図」(3)〜野馬追原と休息所〜


3.「相馬之馬追祭図」(3)〜野馬追原と休息所〜



作品名:『相馬之馬追祭図』(3) 〜野馬追原と休息所〜  
絵師:多田満寿(経歴不詳)

野馬追の祭礼に参加する相馬藩主と騎馬の士を含めた総勢は,約600人を数えるといい,掲図は原町宿から野馬追原に到着するまでの行列と沿道光景を描いたものである。
まず上段の図をみると,本陣を先導する五色旗の前方に,野馬追に欠かせない陣貝(=法螺貝:ほらがい)役2人の騎上姿があり,その後方に徒歩に陣太鼓を負わせた鼓役が貝吹の調べに合わせて打鼓しつつ進行する姿を描いている。
陣貝といえば,戦国時代の天下分目の戦いであった関ヶ原合戦の時,池田輝政が貝役をつとめ,貝吹の弥左衛門が巧みに吹いて勝利に導いたという話は有名である。古来,戦場における隊の進展を知らせる重要な役目を負うことから,野馬追の場合も大将に準じた位置づけがなされている。陣貝役は,藩士代々が継承し,貝の吹き方も決められていた。この陣貝と同じく陣太鼓の打ち方も決められていて,ともにその流儀は,武田流という。
騎上にある陣貝役を細見すると,貝を平に右手に持って,吹口を唇にあて吹いている。顔は,前方に向け,乗馬の進む方向を見るので,貝はやや右前に掌を広げて持ち,唇の右の方で吹くことになる。左手は馬の手綱を離さず握り,馬を巧みに乗りこなす姿は,衆目の的であろう。
陣貝役の前方に,蜈蚣(まむし)旗が2旗見えるが,野馬追では行列用に用いられている。この旗の傍には軍者を配するのが常であるから,旗を指す騎馬の前にいる騎上武将が軍師であろう。組子12人の者が鳥毛の槍を持ち,小旗をさして隊列を作り,その先頭に長柄組の足軽大将が馬に乗って行進。同じく弓組の12人,つづいて鉄砲組の順で行列は進み,先頭隊は野馬原に到着し,陣ヶ崎での陣立て(じんだて)を待つことになる。
野馬原は四周を土堤で囲むが,土堤内には見物客を見込んだ出店が並び,客のための休息所が設けられている。所内には,さまざまな服装の人々が休息しながら談笑,あるいは,飲食の宴を張り,なかには花札に興じる庶民の姿も描かれている。年1回の際礼を享楽しようと余念のない活力がみなぎっている。
野馬追行事資料の『見物衆中昼食の事』には,出店の売り物として数多くの品目があげられている。「諸人の珍食美食を尽くし財布の銭もあわなかれ,ただ盗(ぬすみ)とるるが如し」と結んでいる。祭礼に浮かれた庶民の心躍りは,神田祭りに象徴される心意気に通じるようである。


前
2.「相馬之馬追祭図」(2)〜原の町より早朝出陣〜
カテゴリートップ
絵巻物と将門
次
4.「相馬之馬追祭図」(4)〜原の野馬追の景〜


坂東市観光協会