平将門 ゆかりの郷  − 茨城県坂東市の観光案内 − ホーム サイトマップ

坂東市観光協会

ホームお知らせ観光情報写真・映像カレンダー交通ガイドお問合せ窓口

 今後の予定
  12月23日
ばんどうホコテン(冬季)
  1月27日
ばんどうホコテン(冬季)
  2月24日
ばんどうホコテン(冬季)
  3月24日
ばんどうホコテン(冬季)
  4月28日
ばんどうホコテン(冬季)
他 180 件

 岩井将門まつり

お知らせ
観光情報
写真館

 さくらまつり

お知らせ

 岩井の夏まつり

お知らせ
観光情報
写真館

 さしまの夏まつり

お知らせ
観光情報
写真館

 ふる里さしま古城まつり

お知らせ
観光情報
写真館

 ばんどうホコテン

お知らせ
観光情報
写真館

 詰め将棋モニュメント
お知らせ
詳細内容
※ルール・解答用紙などもダウンロードできます。

 特集
ふるさとガイドの会
写真コンクール

 リンク


坂東市役所 坂東市役所


ベルフォーレ 坂東市総合文化ホール


さしま郷土館ミューズ さしま郷土館ミューズ


茨城県自然博物館 茨城県自然博物館


坂東市体育協会 坂東市体育協会


がんばん堂本舗 がんばん堂本舗


 アクセスカウンタ
今日 : 111111111
昨日 : 146146146
今週 : 377377377
今月 : 1520152015201520
総計 : 511854511854511854511854511854511854
平均 : 179179179

観光情報
トップ  >  将門公と史跡  >  資料に見る平将門  >  錦絵と将門  >  11.「相馬内裏合戦」


11.「相馬内裏合戦」


作品名:『相馬内裏合戦』   
絵師:歌川安秀 (作画期 1818〜)

浮世絵師の歌川安秀については不明な点が多い。初代豊国の門下で、国直、国丸とともに三羽烏のひとりと称された国安に師事し、役者絵、武者絵などを得意としていたといわれる。
元禄期の赤穂浪士による吉良邸討ち入り事件は、その後の江戸文芸に大きな影響を及ぼした。俗に、復讐ものと称する作品、なかでも、将門ものが四天王ものなどと融合して、舞台にかけられた。享保9年(1724)竹本座で、近松門左衛門の戯曲「関八州繋馬」が上演されたのを最初に、多くの作品が発表されるようになった。とくに、源頼光と四天王ものの場合は、将門よりもその遺児たちをめぐる復讐譚が中心を占めている。
掲画は、頼光と四天王ものに『善知烏安方忠義伝』(うとうやすかたちゅうぎでん)の続編を用いた構図である。父の非命を愁いて復讐を誓った滝夜叉姫と良門は、秘かに同志を募り、準備をすすめていたが、その動きを察知した頼光は、先手を打って相馬内裏を襲撃し、その野望を砕く。
構成を見てみると、一枚目(右)では、黒馬に乗った藤原純友の残党・伊賀寿太郎と、頼光軍の先陣を務める臼井貞光との直接対決を前面に配置し、その後方に、良門の従者である金剛十郎と大宅光国との争い、遠景に、内裏に突入する騎上の源頼光を描いている。中絵には、良門の従者・筈屋(はずや)四郎と武運五郎を両脇に抱えた主馬助金時の勇猛怪力、卜部季武(うらべすえたけ)と白刀を交える荒猪丸らの混戦模様をリアルに描く。三枚目には、相馬太郎良門と渡辺綱が馬上で取り組む姿、後方の楼(たかどの)には、薙刀(なぎなた)を構えて乱戦を見守る滝夜叉姫と女官たちを配している。
合戦絵巻を意図するような構図と臨場感あふれる勇姿は、頼光と四天王の力量を誇示するかのような印象を抱く。やがて、相馬内裏の合戦は宮殿楼閣を悉く焼失し、灰燼と化すこととなる。
原寸36cm×25.8cm (3枚とも)
前
10.「相馬太郎良門・再将門山におゐて籏上(はたあげ)の国」
カテゴリートップ
錦絵と将門
次
12.「相馬の古内裏」


坂東市観光協会