平将門 ゆかりの郷  − 茨城県坂東市の観光案内 − ホーム サイトマップ

坂東市観光協会

ホームお知らせ観光情報写真・映像カレンダー交通ガイドお問合せ窓口

 今後の予定
  5月27日
ばんどうホコテン(夏季)
  6月24日
ばんどうホコテン(夏季)
  8月26日
ばんどうホコテン(夏季)
  9月23日
ばんどうホコテン(夏季)
  10月28日
ばんどうホコテン(夏季)
他 185 件

 岩井の夏まつり

お知らせ
観光情報
写真館

 さしまの夏まつり

お知らせ
観光情報
写真館

 ふる里さしま古城まつり

お知らせ
観光情報
写真館

 岩井将門まつり

お知らせ
観光情報
写真館

 さくらまつり

お知らせ

 ばんどうホコテン

お知らせ
観光情報
写真館

 詰め将棋モニュメント
お知らせ
詳細内容
※ルール・解答用紙などもダウンロードできます。

 特集
ふるさとガイドの会
写真コンクール

 リンク


坂東市役所 坂東市役所


ベルフォーレ 坂東市総合文化ホール


さしま郷土館ミューズ さしま郷土館ミューズ


茨城県自然博物館 茨城県自然博物館


坂東市体育協会 坂東市体育協会


がんばん堂本舗 がんばん堂本舗


 アクセスカウンタ
今日 : 3131
昨日 : 197197197
今週 : 581581581
今月 : 4746474647464746
総計 : 470385470385470385470385470385470385
平均 : 177177177

観光情報
トップ  >  将門公と史跡  >  資料に見る平将門  >  錦絵と将門  >  5.江戸の花 「名勝會」


5.江戸の花 「名勝會」


作品名:江戸の花「名勝會」  
絵師:歌川豊国(1786〜1864)、歌川貞秀(1807〜1877)、歌川芳虎 (制作期1836〜1887)

江戸時代から東都名所に数えられていた神田明神社、その祭神に祀られた平将門との来歴を上記三画人が滑稽洒脱な構図を通して描いた木版画である。添書に八番組とあるので、東都の名所八カ所を選んで八枚一組とした案内絵と思われる。
掲画は、三代豊国の門人で文明開化絵や国郡名所絵を得意とした貞秀が神田明神社の境内風景に風流の想いを示すと、師の豊国はその風流に彩りを添えた歌舞伎狂言「世善知烏相馬旧殿」(よにうとうそうまのふるごしょ)が、江戸市村座で開演して評判となったことに転じさせた。
豊国は狂言の中で、俳優尾上菊五郎が演じた滝夜叉姫の半身姿を描き、父将門が敵将貞盛の妻に贈った歌「よそにても風のたよりに我そとふ枝はなれたる花のやとりを」を偲ぶ場面を描いて、貞秀の風流に唱和させている。その趣意を汲んだ芳虎は連歌の変化を用いて神社由来を「将門の亡念、打来て、首が飛んで石をかりかり神田(かんだ)」と戯画化したものである。
原寸35cm×24.5cm
前
4.「岩井郷・相馬の古内裏」
カテゴリートップ
錦絵と将門
次
6.役者絵 「平太郎良門」


坂東市観光協会