平将門 ゆかりの郷  − 茨城県坂東市の観光案内 − ホーム サイトマップ

坂東市観光協会

ホームお知らせ観光情報写真・映像カレンダー交通ガイドお問合せ窓口

 今後の予定
  8月26日
ばんどうホコテン(夏季)
  9月23日
ばんどうホコテン(夏季)
  10月28日
ばんどうホコテン(夏季)
  12月23日
ばんどうホコテン(冬季)
  1月27日
ばんどうホコテン(冬季)
他 183 件

 岩井の夏まつり

お知らせ
観光情報
写真館

 さしまの夏まつり

お知らせ
観光情報
写真館

 ふる里さしま古城まつり

お知らせ
観光情報
写真館

 岩井将門まつり

お知らせ
観光情報
写真館

 さくらまつり

お知らせ

 ばんどうホコテン

お知らせ
観光情報
写真館

 詰め将棋モニュメント
お知らせ
詳細内容
※ルール・解答用紙などもダウンロードできます。

 特集
ふるさとガイドの会
写真コンクール

 リンク


坂東市役所 坂東市役所


ベルフォーレ 坂東市総合文化ホール


さしま郷土館ミューズ さしま郷土館ミューズ


茨城県自然博物館 茨城県自然博物館


坂東市体育協会 坂東市体育協会


がんばん堂本舗 がんばん堂本舗


 アクセスカウンタ
今日 : 176176176
昨日 : 224224224
今週 : 1247124712471247
今月 : 5522552255225522
総計 : 477268477268477268477268477268477268
平均 : 177177177

観光情報
トップ  >  将門公と史跡  >  資料に見る平将門  >  伝記物語と将門  >  3.「武勇魁殿図会」


3.「武勇魁殿図会」


作品名:「武勇魁殿図会」 寛政6年(1794年刊) 
<著者 書画:下河辺拾水子 彫工:石原半兵衛>

江戸期は、普通考えられているより伝記文学が大いに栄えた時代であった。
例えば『信長記』『太閤記』をはじめとして秀れた武士の経歴や逸話などが広く蒐集されたが、なかでも『常山記談』(じょうざんきだん)や『近世畸人伝』(きんせいきじんでん)など多様な伝記物語が庶民に愛読されていたこと。江戸中期から後期にかけては儒教的な道徳、教訓性が強かったことも考えられるが、最も大きな要因は、木版刊本の普及による文化・文芸の大衆化である。
『武勇魁殿図会』(ぶゆうかいでんずえ)は、伝記物の範囲に準ずる作品で、神代の素戔鳴尊(すさのおのみこと)から平清盛までの24名を扱っている。それぞれの時代と役割を果たした人物を取り上げて、簡略な叙文と勇姿を描いて紹介した図会である。
平将門については、「相馬小次郎将門」と題名の示すように、必ずしも史実ではなく俗説を用いているものの、日本歴史上の24名の中の一人として扱っていることは、注目される。
序文によると、「古今の神像、勇士像の画は神社仏閣に掛け納められているが、それを写し集めて寛永年間に上梓したものを手本にして、下河辺拾水子が改めて叙文と姿絵を描いて出版することになった」とある。
なお、本書が刊行してより4年後に、真福寺本「将門記」が木版刊行されている。
前
2.「田村将軍鬼人退治・将門軍記」
カテゴリートップ
伝記物語と将門
次
4.「将門一代記」


坂東市観光協会